Solaris基本コマンド

  • 再起動
shutdown -i6 -g

<オプション>

-y 確認を表示しない。
-i コマンド実行後のランレベルを指定。再起動の場合は 6。停止の場合は 0。
-g shutdown を何秒後に実行するか指定。指定しなかったら 60 秒後実施。


reboot

<オプション>

-i システムログに再起動をしたことを記録しない。
-q 実行中のプロセスを停止しないで、直ちに再起動実施。
-s シングルモードで再起動する。
※ init プロセスを経由しないので、shutdown コマンドや init コマンドが効かないときに使用する。


init

<オプション>

s シングルユーザモードに移行
0 ファームウェアモード(OBP) に移行
1 システム管理モードに移行
2 マルチユーザモードに移行
3 拡張マルチユーザーモードに移行
4 代替のマルチユーザ環境構成として定義
5 電源を切っても安全なようにマシンを停止する
6 デフォルトのランレベルで再起動


  • 停止
shutdown -i0 -g0

init 5

halt

<オプション>

-q 直ちにシステムを停止。実行中のプロセスを停止しない。
※オプションなしでも実行中のプロセスを停止しないで、直ちにシステムを停止する
init プロセスを経由しない。shutdown や init コマンドが効かないときに使用する。


  • OS及びバージョンの確認
  • uname -a

    cat /etc/release



投稿日:

Copyright© うちゃちゃTIPS , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.