ログローテーションの設定

 

インストールされているか確認

rpm -qa|grep logrotate

 

インストールされていない場合はインストール実施

yum install logrotate

 

ローテーションの設定を行う

管理ファイル(初期設定を編集できる)

/etc/logrotate.con

ローテーションの設定ファイル

/etc/logrotate.d/ 配下
apache なら /etc/logrotate.d/httpd

 

ログローテーションの確認を行う

logrotate -dv /etc/logrotate.d/httpd

 

log does not need rotating はログローテーション必要なしと判断されている
最後にローテーションしてから 1 日以上経過していないと表示される。
設定に誤りがあった場合は error が表示される。

ログローテーションの設定

# cat /etc/logrotate.d/httpd
/var/log/httpd/*log {
     daily                             # 毎日ログローテする
     olddir /home/user/logrotate/http # 指定したディレクトリ内にローテーションされたログを格納する
     missingok                         # ログファイルが存在しなくてもエラーをださない
     rotate 50                         # 指定した回数ローテーションする
     compress                          # ローテーションされたログを gzip で圧縮する
     ifempty                           # ログファイルが空でもローテーションする
     sharedscripts                     # 複数指定したログファイルに対してpostrotateまたはprerotateで記述されたコマンドを1回だけ実行 する
     postrotate
         /sbin/service httpd reload > /dev/null 2>/dev/null || true
     endscript

}

投稿日:

Copyright© うちゃちゃTIPS , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.